過払い金請求は早めにね、マジで。
過払い金請求の話は前にも書きましたが、もしかしたら最近から私のブログに来ていただいた方もいらっしゃるかもしれないので、あらためて書いてみます。



2009年当時のことですが、すでに完済し終わっているカード会社が2社ありました。

その2社に対して、私は自分で過払い金請求をしました。

理由は、司法書士さんや弁護士さんにお願いすると20%の手数料を払わないといけないのが嫌だったからです。

面倒くさい、難しそう、怖い、という気持ちに、もったいないという気持ちが勝った瞬間でした。

(浪費で借金を作ったくせに、手数料はもったいない、と思う自分が情けないですが、浪費家ってそういうタイプが多いかもしれませんね。痛いです。><)




それというのも、実はローン会社さんに電話して履歴を取るところまでは自分でやってたんです。

そこから自分で過払い金の計算をするのがめんどくさいから、専門家にお願いしようと思っていたら、送られてきた履歴には、もうすでに過払い金の計算がされていました。

はっきり「過払い金○○円」と書かれていたわけではありませんが、合計欄のところにマイナスで表示された金額があって、それが過払いになっている金額でした。



1社は39万円、もう1社は6万円でした。



それを見てパパッと計算してしまいました。

手数料が1社は約8万円、もう1社が1万2千円。。。



高いな~。。。

出来れば払いたくない。

最初からお願いしてたなら丸ごとやってもらうから仕方ないけど、履歴を取り寄せるところまでは自分でやってるから、手数料を割引してもらえないかしら。。。

そう思いましたが、無料相談に行ったところでは割引は出来ない、とのことでした。



家に帰って考えて、自分でやってみよう!と決断。

いろいろなサイトを見て一番おすすめだったこの本を買いました。

改訂新版・
過払い金回収マニュアル サラ金(消費者金融)・
クレジット会社からお金を取り返す方法






当時おすすめされていた本の改訂版が出ていたのでそれを買いました。

もちろん中古です。

中古で十分です。安いです。

そしてこの本の中に、請求するときのテンプレートがあり、そこに自分の名前や住所、相手先の会社名や住所、請求する金額などを入れて、テンプレ通りに文書を作成して郵送しました。

作業としてはほんとに簡単です。

おおもとの文章は出来ているので、あとは一部を自分用に変更するだけ。

作業は簡単ですが、どちらかというと、

これでうまくいくのだろうか、
素人からの請求には応じてくれないのではないか、
減額をお願いされたら断りきれなかったらどうしよう、


という不安のほうが大きかったです。

でも、いつまでも迷っていてもしかたない、ダメだったら、そこから専門家にお願いしたらいいや、と思って行動しました。




郵送するときは確実に相手が受け取ったことがわかるように送りますので、通常の郵便より少し切手代が高かったです。

そのやり方も全部本に書いてありました。


不安になりながら待っていると3日後くらいに先方から電話連絡がありました。

本やサイトには、自分から電話連絡をする、とあったので、先方から連絡があったのには驚きましたが、もしかしたら、過払い金請求をする人が増えて、システムも変わってきてたのかもしれません。


結論から言いますと

1社は全額 39万円

もう1社は20%減額の 4万8千円

の返金ということになりました。

ほんとに嬉しかったです。



一番もったいないのは、手数料を払うのは嫌だ、でも自分でやるのは怖い、めんどう、わからない、と、ひきのばしているうちに10年たってしまうことです。


最終の支払いをしてから10年たつと過払い金請求に応じてくれないのです。


実は1社、それで取り損ないました。



自分が持っていたことも忘れていたカードが一つありました。

私が履歴を取ったのが2009年の10月、悔しいことにその月でそのカードの最終支払いから丸10年が経過していたのです。

それで14万円を取り損ないました。

どうしてもっと早く行動しなかったか、悔やまれました。

取り損なった14万円は大きいです。><



20代の方ならカードを持ち始めて10年経っていない方が多いと思うので大丈夫でしょうけど、それでもカード会社が倒産して取れなくなってしまったり、とかいろいろあると思います。


過払い金があるかもしれないと思ったら、すぐに行動することをおすすめします。


グダグダ考えてるうちにどんどん時間が過ぎて行きます。

ほんと、早めの行動をおすすめします。


私の場合、この2社はショッピングとキャッシングが一緒になったカードでした。

もし消費者金融のカードだったら、自分でやってみようとは思っていなかったかもしれません。

電話で減額の相談とかされるとこわいな、って思ってましたから。


ただ、どっちにしても、面倒、わからない、不安、なら早く専門家にお願いしたらいいし、とにかく何もしないのが一番もったいない。

本を実際に見てみて、やっぱり無理そう、難しい、って思ったら専門家の無料相談もたくさんあるので、まずは行動してみたらいいと思います。
スポンサーサイト
[2012/01/12 15:36 ] | 過払い金請求 | コメント(0) | トラックバック(0)
過払い金の話 5
請求書を送ってから、2、3日後、携帯に知らない番号から電話がかかってきました。

ふだんは、知らない番号からの電話は取らないのですが、今回はとってみました。

請求書を送った会社からでした。

合計で2社に送ったのですが、額の少ない方からかかってきました。

私は自分からかけないといけないと思っていたので、ビックリの反面、よかったな~と思いました。

請求書に、自分の名前、住所、連絡先電話番号なども書いておいたので、直接かけてきたようです。

ちょっとぶっきらぼうな感じの男性の声でした。



内容は、請求書を受け取ったこと、今、過払い金請求が多いので、20%の減額で納得してもらえないか、ということでした。

司法書士さんや弁護士さんにお願いしても、そのくらい手数料が出るので、それで手を打って欲しいとのことです。

この会社の過払い金は6万円弱でした。

20%というと、1万円くらい。

それをひいて、約5万円ならすぐに手続きに入る、それが嫌なら、別の手続きしてくれ、ということでした。

私は、20%はしかたないと思っていたので、それでオッケーしました。

すると、男性の声はちょっとホッとしたような感じでトーンが明るくなりました。

書類を送るので、それに署名、捺印しておくってもらったら、1ヶ月後くらいに、私が指定した銀行口座に振り込む、ということでした。



電話を切るとホッとしました。

思ったより、あっさり終わったな、という感じです。

この会社のカードのことは忘れていたのですが、思い出して手続きしてみてよかったです。

4月には入金される予定で、ちょっと一息つけると安心しました。

当時(今もですが)毎月の返済が7万5千円で2回遅れたら全額一括返済という条件があり、プレッシャーを感じていました。

なので、この5万円はとっても嬉しかったです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

私が参考にした本です。

改訂新版・
過払い金回収マニュアル
サラ金(消費者金融)・クレジット会社からお金を取り返す方法
[2011/03/10 10:23 ] | 過払い金請求 | コメント(0) | トラックバック(0)
過払い金の話 4
前回、本を買って、自分で過払い金請求をやってみようと思ったところからの続きです。

いろいろ考えても進まないので、本にあったテンプレートにしたがって、過払い金の請求書をクレジット会社に出すことにしました。

相手が、個人からの請求は受け付けない、と言ったら、そのときまた考えてみようと思いました。

テンプレートの通りパソコンで請求書を作りました。

そして、請求書を郵送。

これは、普通の郵便だと、届いてない、と言われても証明できないので、ちゃんと届けたという証拠が残る方法で送ります。

いろいろありますが、私は特定記録という方法で送りました。

普通の封書の送料+160円です。

これで、ちゃんと届いたことが証明できます。

郵便局から送ったはいいけど、やっぱり不安です。

2、3日したら、こちらから確認の電話をする、と本には書いてありました。

気が重いです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

私が参考にした本です。

改訂新版・
過払い金回収マニュアル
サラ金(消費者金融)・クレジット会社からお金を取り返す方法
[2011/03/09 21:24 ] | 過払い金請求 | コメント(0) | トラックバック(0)
過払い金の話 3
2010年2月18日、自分で過払い金請求をしようと思って、この本を買いました。

改訂新版・
過払い金回収マニュアル
サラ金(消費者金融)・クレジット会社からお金を取り返す方法



過払い金請求を自分でやった方のブログを見ていて、この本がよく出ていました。

この本に、請求するときのテンプレートが載っているので、自分の名前や相手の会社の名前、請求金額などを自分のものに書き換えて出せばいいとあったので、さっそく買いました。

もちろん、中古でね。w

少しでも節約しなくちゃ。
新品でなくてもぜんぜん使えるし、きれいでした。

テンプレートを見ましたが、けっこう文章がきついです・・・。

◯◯円を請求します。
◯月◯日までに払ってもらえない場合は、◯%の利息を加えて訴訟します、的なことが書かれています。

正直言って、怖いです。

こんな上から目線的な文書を送ってもよいのでしょうか。

また悩みます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

続く。
[2011/03/04 08:55 ] | 過払い金請求 | コメント(0) | トラックバック(0)
過払い金の話 2
2009年の12月に2社から取引履歴が郵送で届きました。

2社とも、過払い金の金額がすでに書類に出ていて、自分で計算する必要がありませんでした。

1社は6万円、もう1社は39万円もあります!

ネットで検索すると、無料相談をしている弁護士事務所さんがあったので、さっそく申し込み、書類を持って相談に行きました。

それまでにネットの情報で知っていた通り、やはり手数料が20%とのこと。

一度考えてからまた来ます、とその日は帰りました。

もう1社にも聞いてみようと思い、別の事務所にも相談に行きました。

するとそこは、前の事務所より広く、従業員も多く、きれいな事務所でした。

そこでの手数料は30%と言われました。

自分で取引履歴も取り寄せてあるし、金額の計算も終わっているので、もっと手数料が安くなるかと思っていたので、30%は高いな、これだけ大きな事務所だから、従業員の給料とかもあるし、それで高いのかな、などと考えて、そこも一度考えて来ます、と言って帰りました。

うちに帰り

39万円の30%と言えば12万円近い、20%だとしても8万円くらい。

それをただ、請求してもらうためだけに支払うのはなんだかすごくもったいない。。。

自分でやってみようか!


と思い始めました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

続く

[2011/03/03 12:00 ] | 過払い金請求 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>