特定調停したときの話
長文です。



私が特定調停した時の話です。

最初に2009年の6月に裁判所に行き、

必要書類などをもらってきて記入して提出、

その1ヶ月後くらいに調停員の方との面談がスタートしました。



その時に、およそ3年以内で返済する計画になりました。

はっきり覚えていないのですが、私の希望ではなく、そういう決まりだったように思います。



私の月収から毎月必ず出て行くお金(家賃や光熱費、食費、その他)をひいて、毎月どれくらいの額を返済にまわせるかを出して、その金額で3年くらいで完済出来るか出来ないかがポイントだったことを覚えています。


幸い、私の場合はそれが可能だったので、特定調停になったのですが、もし、それが無理なくらい借金の額が大きければ、別の手続きになったのだと思います。




その時の書類を読み返してみました。

やっぱりそうでした。

説明書きにこう書いてあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特定調停とは

(1)生活の建て直しを図るため、話し合いをする手続き。
(2)返済を続けていくことが前提になります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さらに(2)の中にこう書かれています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返済を続けていくためには

毎月一定した収入が必要です。

あなたの収入と支出から考えて返済が続けられない場合には、

破産手続きを利用することも考えられます。

あなた自身でどの手続きを利用していいのか

判断がつかないときは

弁護士や司法書士に相談されたり、

市町村の無料法律相談を利用されるのも一つの方法です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



上の分で、大きい文字でアンダーラインがひかれている部分、実際の書類でもそうなっています。

ここ大事、ってことですね。




私の借金がもっと大きければ、特定調停は使えず、弁護士さんにお願いしないといけなかったのですね。><

あの当時は、もうどうしていいかわからない状態だったので、記憶もあいまいですが、今になれば、特定調停ですんだのは、ほんとにラッキーでした。



特定調停ですんだので、手数料はかかりませんでした。

かかったのは、書類のコピー代、印紙代(1社につき500円)、切手代(1社につき90円×3枚)だけでした。

この制度のおかげでほんとに救われました。

今振り返って、改めてギリギリのところにいたんだな~とまた身震いする思いです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
スポンサーサイト
[2012/05/18 23:20 ] | 借金 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<勉強会とボーナスまでのカウントダウン開始! | ホーム | バカにされてることにやっと気づけた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://twix785.blog102.fc2.com/tb.php/355-1ffb41a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |