ヤミ金 続き
ヤミ金の話の続きです。
http://twix785.blog102.fc2.com/blog-entry-46.html



電話番号を聞いたので、仕事の休み時間に思い切ってかけてみました。

年配の男性の声です。

思ったより怖い感じではありませんでした。


そして、知り合いの社長さんに紹介してもらったこと、60万円をお借りしたいことを切り出しました。

確認などあるので、もう一度電話して、と言われ、いったん電話を切りました。



はぁ~・・・

助かったかも。

でも、ほんとは行ってはいけないところまで来てしまっているのかも・・・。

どっちにしても、とにかく目の前の返済をどうにかしたい。

その考えでいっぱいでした。




お昼休みになりました。




もう一度電話をする前に、ATMでカードの借り入れ可能額を確かめてみました。

すると・・・




利用可能額 70万円


前日まで0円だった利用可能額が、今日は70万円になっています。


前回の返済が遅れて、利用可能になるのが少し遅れていたようです。

もうそれもわからないくらい、どのカードでいくら借りられるか、ぜんぜんわからなくなっていました。


すぐさま借り入れして、他の会社のカードに支払いしました。

とりあえず、危機は脱出できたようです。




それから、さきほど電話した男性にまた電話をしました。

「すみません、さきほど電話したものです。お金の工面が出来まして、今回はお借りしなくても大丈夫になりました。お手数おかけしました。」


「あっ、そう。わかりました。また何かあったら電話してね」

と、言われました。

準備していたのに、とか、怒られるかもしれない、と思っていたのですが、電話の声は、優しかったです。




危ないところに踏み込むほんとにギリギリ一歩手前で踏みとどまれた、って感じでした。

あの時、

もし、ATMで確認していなかったら、

もし、一日前に借り入れのお願いをしていたら、

もし、ほんとにどこからも借りられなかったら・・・



ほんとに帰ってこれないところに行っていたのかもしれません。

チャンスをもらったって感じがしました。




紹介してもらった社長さんにもお礼とお詫びの電話をしました。

そしてその後は、そのヤミ金さんに電話をすることもなく、今にいたります。

ほんとに、ほんとによかった・・・。


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

今、あらためて思い出しても、ほんとに危ない綱渡り状態だったと、怖くなります。

スポンサーサイト
[2011/03/01 17:50 ] | 回顧録 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ドライヤーの話の続き | ホーム | ヤミ金>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://twix785.blog102.fc2.com/tb.php/47-afa021d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |