奨学金の保証人になることに。
弟から連絡があり、姪っ子が大学に進学することになって奨学金を借りるので、その保証人になって欲しいとお願いされました。

保証人の資格は、両親、祖父母、叔父、叔母で、現在60才以下で働いている事、が条件だそうです。

もちろん父である私の弟が保証人の1人になりますが、保証人が2人必要で、もう1人になって欲しいそうです。

奥さんは専業主婦、祖父母は定年しているし、条件に当てはまるのは私だけなんです。




どうしよう。。。

誰にも債務整理したことを言ってないので、もちろん弟も知りません。

いちおう完済して2年になるけど、あと5年は私も借り入れなど出来ないはず。

保証人にはなれないと思う。。。

断るにしても、私が債務整理したことを弟には言わないといけない。。。

誰か別の人に頼むとしても、早めに言わないと弟たちも困るだろうし。。。



決心して、弟に伝えました。

両親には言わないで、とお願いして。



結論から言うと、保証人になることが出来ました。

一度私の名前で書類を提出して、ダメならまた考える、ということで提出してみたところ、審査を通ったとのこと。



ホッとしました。

奨学金を扱うところは、銀行やクレジット会社とは関係のない金融機関なのでしょうか。

私の履歴を照会しなかったのか、それとも完済していて定職を持っている事などを考慮したのか、理由はわかりませんが、とにかく私が保証人になることでOKが出たようです。

姪っ子の力になれてよかった。

長くなったので続きます。
スポンサーサイト
[2014/07/23 12:30 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<奨学金の保証人になることに。2 | ホーム | 返済計画?返済妄想?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://twix785.blog102.fc2.com/tb.php/552-11152f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |